トップページ


【原料の洗浄】
機械できれいいに洗われた、
とれたての薩摩芋。

ここで、早朝6時頃からには、
洗浄と、これから始まる芋の
カット(芋の端、悪い部分のカット)
の為の下準備がなされます。

体力勝負です。
早朝からお疲れ様です。
【麹米の洗浄】
芋洗いの一方で、蔵人たちは、
麹米の洗浄にはいります。
この(右写真)ドラムの中で、
大量の米が分単位で洗浄と排水を
繰り返し、きれいに研がれていきます。
なお食米は玄米から10%削り落しますが
中俣では麹米は20%削ります。

もったいない気もしますが、
こうでなければ、旨い焼酎は
出来上がりません。

蔵人の気の抜けない日々との
格闘が始まります。
【蒸 す】
米が洗浄され研がれ浸漬の終了後、
一気に蒸します。

蒸されたら、一度放冷してここで麹菌が
加えられます。

ここから徐々に焼酎らしさが
現れてきます。
【一次仕込み:二次仕込み】
一次仕込みとは、酵母の増殖を図るため水と酵母の入った甕に
麹米を入れる作業のことをいいます。

奥の機械が芋を蒸して、粉砕する機械です。芋のいい香りが漂います。
ここで一次仕込みの際に造られたモロミ(酛)と芋が混ぜられます。
休まず一気に混ぜあげます。

一週間ほどで酵母の増殖が終了した「一次仕込み」に
蒸した主原料(芋・麦・そば・等の原料)と水を加える作業を二次仕込みといいます。



この後、混ぜられたものは
三次次仕込みのため、
ホーロータンクに移されます。

酵母が芋のデンプン質を分解して
アルコールを出します。
【蒸留行程】

 
三次モロミを蒸溜する前日の午後にその上澄みを取って、モロミ中のアルコール濃度を測定します。

メスシリンダーの中に見える黒い液体がその上澄みです。
【和甕】
中俣合名会社は一次仕込みのみ古式甕を使用しています。仕込み甕です。

商品によっては、貯蔵甕として
使用しているものもあります。
【原酒貯蔵タンク】
原酒を貯蔵しているタンクです。
原酒の品質を保つために、
タンクの表面に水を掛け流しています。

これに加水をし、アルコール度数を
合わせて、瓶詰めされます。

いよいよ、日の目を見るのは
間近です。
【瓶詰め】
 よく洗浄された瓶に、商品である
焼酎が、ここで詰められていきます。

全て手作業です。
一本一本、丁寧にフタやキャップを付け、
蛍光灯で透かされた瓶の中を
よくチェックしていきます。
仕込みから瓶詰めと商品のチェックまで
ほとんどの行程を手作業にて
行っております。

 ここまできたら、あとは商品の顔である
ラベルを貼り付けるのみです。

大きな焼酎蔵のように機械による
大量生産はできませんが、
小さな焼酎蔵にしか出せない味が
ここにはあると信じて精勤しております。
 

Copyright © 2009 Nakamata General Partnership All Rights Reserved.